株式会社コル

世界のフードシステムの市場規模と負のコスト

国際的な食糧と土地利用分野のNGOであるFOLU(The Food and Land Use Coalition)が2019年9月に発表したレポート「Growing Better report 2019」の中で、世界のフードシステムの年間市場価値は10兆ドル(約1090兆円)であるのに対し、目に見えない負のコストが12兆ドル(約1308兆円)であるとの試算結果が示されました。

そして、何の対策もしなければ、フードシステムがもたらす負のコストは、2025年までに16兆ドル(約1744兆円)まで膨れ上がると警告しています。

レポートではフードシステムを変革するための方策について10個の方策を提言しています。

  1. 健康的な食事
  2. 生産性が高くリジェネラティブな農業
  3. 自然の保護と回復
  4. 健全で生産性の高い海洋の保全
  5. たんぱく質供給の多様化
  6. フードロスの削減
  7. 地産地消サイクルの構築
  8. デジタル革命
  9. 地方の所得改善
  10. ジェンダー平等と人口
10 critical-transitions
【出典】Growing Better report 2019

興味がある方は、弊社運営メディア「ソーシャルグッドCatalyst」で詳細をご覧ください。

食に関する社会問題一覧

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

CONTACT

「共創に興味があるので話を聞いてみたい」
という方はお気軽にご連絡ください。