株式会社コル

代替プロテイン世界市場規模は約32兆円(2035年)に達する(BCGレポート)

ボストン・コンサルティング・グループが公表したレポート(Food for Thought: The Protein Transformation)によれば、2035年までに代替プロテイン製品の味や値段は、食肉や牛乳などの動物性タンパク質食品と同等のレベルにまで達し、世界市場規模は2900億ドル(約32兆円)に達すると予測しています。

代替プロテインの生産量が、現在の1,300万トンから2035年までに9,700万トンにまで増加し(約7.5倍)、世界で消費される肉や卵、乳製品、海産物などのタンパク質の11%、環境規制が強化されれば、22%を占める可能性があるとのことです。

これによって、約390億m3の水を節約することにつながるなどの環境への好影響と飢餓(プロテイン危機)を克服することにつながると研究者達は強調しています。

【参考】Food for Thought: The Protein Transformation

興味がある方は、弊社運営メディア「Social Good Catalyst」で詳細をご覧ください。

代替タンパク質(プロテイン)ビジネスに挑む国内企業一覧

CONTACT

「一緒に社会課題を解決するビジネスを考えて欲しい」「当社とパートナーシップを組みたい」
といった、ご相談・ご提案を心待ちにしています。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE